東芝ベジータで食材もムダなく使えるおすすめ機種の価格と口コミは?

東芝冷蔵庫ベジータはおうちごはんの味方!最新機種の価格と口コミは?

スポンサーリンク
冷蔵庫

おうちごはんって言葉をよく聞くようになりました。この頃おうちで食事を作る方増えましたよね。でも子育てやお仕事で、しょっちゅう買い物へ行く時間もとれないから、週末にまとめ買いのお宅も多いのではないでしょうか。

まとめ買いした食材をムダなく使い切るのは、けっこう大変ですよね。野菜がしなびたり、冷凍したお肉の解凍がめんどうだったり。でも、東芝のベジータならこの悩みを解決できるんです。

おうちごはんが楽しくなる、便利な機能がたくさんついた東芝のベジータをご紹介します。

東芝冷蔵庫ベジータをおすすめする理由

ベジータのすごいところは、食材をおいしく保存できる、使いやすく保存できることですね。

週末の買いだめや食材があまったときの保存も、おいしく冷蔵、冷凍ができて、解凍もスピーディ。

子育てやお仕事で忙しいご家庭でも、お料理がはかどる機能満載のベジータはおすすめです。

特にFZシリーズ、GZシリーズは

  1. 摘みたて野菜室
  2. 氷結晶チルド
  3. 切り替え冷凍室
  4. オートパワフル冷凍室
  5. 製氷室
  6. 進化した使いやすさ(USBポート、食材管理機能)

        おいしく保存できて便利に使える機能がすべてついています。

1つずつ説明しますね。

摘みたて野菜室

うるおいを含んだ冷気で冷やし、エチレンガスを分解して野菜の劣化を防ぐ野菜室。サラダ用の葉物野菜など葉先からしなびて丸まったりすると、残念なサラダになっちゃいますよね。それを防ぐだけでなく劣化も防ぐ効果があるなんて、お料理するテンションもあがりますね。

氷結晶チルド

速鮮チルドモードで、素早く冷やす、うるおいの冷気で風味と食感をキープ、解凍モードではうまみと栄養を守りながら、スピード解凍。塊のお肉も包丁でサクッと切れる。まとめ買いしたものを使うときの一番の悩みって、冷凍したものをどうやって解凍するかですよね。

包丁でサクッと切れる状態がベストですが、時間と手間がかかるので使いづらい。そんな小さなストレスもなく調理にとりかかれるのは、うれしい機能です。しかも肉や魚のドリップも少ないとなれば、安心してまとめ買いできます。

切り替え冷凍室

上段の冷凍室になります。

少しだけ残ったブロッコリー、保存に困りませんか。そんなときジッパー付き袋に入れてそのまま冷凍できる、そのまま冷凍機能。

野菜冷凍ドライモードにすると、野菜の水分を減らして冷凍するので、煮物にする野菜の味しみがよくなったり、天ぷらなどもカラッと揚がります。

一気に冷凍モードにすると、肉や魚を一気に冷凍するので、解凍したときのドリップが抑えられます。また、シチューなどの冷凍も冷めるまで待たなくても冷凍できるんです。これは忙しいときには便利ですよね。

切り替え冷凍室 / オートパワフル冷凍室|商品特長|冷蔵庫|東芝ライフスタイル (toshiba-lifestyle.co.jp)

オートパワフル冷凍室

大容量の冷凍室です。

冷凍するとき、一気に凍らせることが大切なのですが、ベジータの冷凍室は、大風量のパワフル冷気を送りこみ一気に凍らせ、つねに−18℃以下をキープするので、おいしく冷凍できるんですね。食材が新鮮なままというのは、気持ちにはずみがついて料理が楽しくなりますね。

製氷室

製氷室の氷は便利ですが、清潔を保つのって大変そうですが、ベジータの製氷室は給水ホースまで丸洗いできて清潔でにおいの少ない氷ができます。おいしい氷は飲み物の味も変えないので、いいですね。変に冷蔵庫くさい氷だと、おいしいジュースも台無しですものね。

進化した使いやすさ

進化した使いやすさって何でしょう。それは、食材管理ができちゃうんです。

冷蔵庫とスマホを無線LANでつないで、専用のアプリをダウンロードすることで、食材のリストを作れたり、買い忘れや重複買いを防げるんです。

冷蔵庫とスマートに暮らそう。|IoLIFE|東芝ライフスタイル
IoLIFEの冷蔵庫との接続、活用についてお困りの方は、このページをご覧ください。

東芝冷蔵庫ベジータFZシリーズとGZシリーズ

フレンチドアの冷蔵庫です。おしゃれですね、それだけでテンションあがりますね。

タッチドアなので、触れるだけで簡単にドアの開閉もできますので使いやすいのもうれしいところ。

VEGETA GR-S460FZ

GR-S460FZ|FZシリーズ|冷蔵庫|東芝ライフスタイル (toshiba-lifestyle.co.jp)より引用

この容量はファミリー向けとしても、まとめ買いする家庭向けとしても、ちょうどいい大きさです。2リットルのペットボトルがドアポケットに4本入ります。

ドアポケットに細かいチューブもスッキリ収まるので、迷子にならずに済みますね。チューブ類は、サイズもまちまちなので助かります。

GR-S460FZ|FZシリーズ|冷蔵庫|東芝ライフスタイル (toshiba-lifestyle.co.jp)より引用

VEGETA GR-S510FZ

同じFZシリーズの容量が508Lのものです。

VEGETA GR-S470GZ

GR-S500GZ|GZシリーズ|冷蔵庫|東芝ライフスタイル (toshiba-lifestyle.co.jp)より引用

こちらは、片開きなのでFZシリーズより5cmスリムになります。その代わり、奥行きが5cm長いので、容量はほとんど変わりません。幅がスリムなので、キッチンを選ばないのがうれしいところです。

東芝冷蔵庫ベジータFZシリーズ、GZシリーズの口コミ

気になる口コミですが

  • 真ん中野菜室が使いやすい
  • タッチオープンのドアが思ったより使いやすい
  • デザインがシンプルでおしゃれ
  • 高機能なのに省電力
  • ペットボトルが入れやすい
  • 音が静かでよい
  • スリムなのに大容量(GZシリーズ)

全体的に使いやすくてよいという口コミが多く、好評なのが分かりますね。

まとめ

東芝冷蔵庫ベジータは、それぞれの素材の新鮮さを保つだけでなく、料理に取り掛かりやすく保存できるので、週一回のまとめ買いでも安心して保存できますね。

余ったカレーやシチューを冷まさずに冷凍できるので、作り置きもラクですね。お肉も冷凍したものは解凍するのに冷蔵庫で一晩なんて待たなくても、いい状態で解凍できるので帰宅してからの料理もはかどりそうです。

アプリを使った食材管理機能では、製氷室の水が無くなったこともお知らせするなんて、かゆいところに手が届くような便利さ。

このベジータの機能を知るにつれて、私も買いたくなってきました。

買い替えを検討中の方は、ベジータをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました