冷蔵庫の買い替えは時期を選んでお得に!壊れる前に知っておきたいこと

冷蔵庫の買い替えは時期を選んでお得に!壊れる前に知っておきたいこと

スポンサーリンク
アイキャッチ画像冷蔵庫

冷蔵庫って突然、冷えなくなったりしませんか。以前、私の家の冷蔵庫が壊れたときは、運転音や電灯は異常なかったので、壊れたと気づくのに一日かかりました。

夏に壊れてしまったりすると、ほんとうにあせります。常温においておけないし、アイスクリームなど溶けてベタベタになってしまいます。もう、その日のうちに買いに行くハメになります。

待ったなしで必要な電化製品なので、お得に買えるなんて考えたこともありませんよね。長年使っている冷蔵庫ならば、壊れる前にお得な時期をねらって買い替える方がいいと思いませんか。

今回はお得に冷蔵庫を買い替えるために必要なことを解説したいと思います。

冷蔵庫がお得になる時期は?

冷蔵庫がお得になる時期っていつだと思いますか。それは、大きく分けて3つあります。

  • 新商品の発売されるとき
  • ボーナスの前
  • 決算前

では、なぜ安くなるのかを一つずつ解説していきます。

新商品が発売されるとき

冷蔵庫が安くなるのは新商品が発売されるとき。それまでの冷蔵庫は、型落ち品として安くなります。

 

新商品が出る前に、今までの商品を売ってしまいたいからなんですね。冷蔵庫を買うときは切羽詰まっていくので、タイミングなんて考えたこともありませんでした。

 

新商品が発売されるタイミング、気になりますね。冷蔵庫の場合、10月~11月ごろに新商品が発売されますので、そのひと月まえの9月頃からお得になります。憧れの機種も手に届く価格になっている可能性もありますね。

 

型落ちといえば、消費税がアップする前に家電を買い替えたことがあります。そのときは洗濯機だったのですが、展示品が売りに出されていて、かなりお得に買えましたよ。

 

どうせ買うならいいものをと思うかもしれませんが、ひとつ前の機種ならそんなに機能が格段に違うということはないので、かなりお得に買えますよ。

 ボーナスの前

ボーナスの時期は、6月から7月と12月。ボーナスが入ると、今まで買うのをためらっていたものも買いたくなりますよね。ボーナスの日を待ちわびて買いたいものをあれこれ考えるのも楽しい時間です。

 

電器店も購買欲が高まるこの時期を逃したくないので、売り上げ目標を高く設定します。買う側の「ほしい」に乗っかって「とにかく売りたい」のですね。ということは、少々のわがままも聞いてくれそうな気がしませんか。

 

「とにかく売りたい」ということは、値下げ交渉にも応じてくれやすい、ということになります。この時期は、セールのチラシがたくさん入りますものね。今までお得に買おうという気持ちが薄かったので、チラシを眺めるだけでしたが、もったいないことをしました。

もちろんチラシだけでなく、ネットなどで売れ筋商品やおすすめ商品などチェックして、ほんとうに欲しい機種をお得に買う準備をしましょう。

 

決算前

お店によって時期は変わりますが、「決算セール」ってよく聞きますよね。この決算セールも、ボーナスの時期と同様に「売りたい」時期です。

 

3月が決算月の家電量販店

ヤマダ電機、ケーズデンキ、ヨドバシカメラ、ノジマ電気、エディオンなど

8月が決算月の家電量販店

ビックカメラ、コジマ

 

値下げ交渉もしやすい時期なので、思い切って交渉してみましょう。3月は特に進学や就職、転勤など引っ越しが増えるこの時期の決算セール、ホントに助かります。子供の進学、就職のように必要な時期が分かっていることなので、じっくり計画して買えるのもウレシイところです。

 

冷蔵庫をお得な時期に買うために必要なこと

 

冷蔵庫を買い替えのときは、今日ほしいとチラシなど見もしないで電器店に行くので、冷蔵庫は、壊れたら買うのものと思っていました。でも、そういう買い方は、今ある商品の中から予算に合うものという基準だけで買うことになりがちです。

 

必要に迫られて電器店に行った私は、あまり好きな色じゃない冷蔵庫を買うしかありませんでした。新品はうれしいけれど、冷蔵庫を開けるたび少し残念だと思いながら使うのは、料理するモチベーションまで下がる気がします。

 

予算額に合わないという理由であきらめてしまう機種がお得に買えるなら、型落ち品が買えたり、ボーナス、決算セールを待って、憧れの冷蔵庫を買いたいですよね。かといって、買い時のタイミングで壊れることなどなかなか無いので、悩ましいところです。

 

冷蔵庫の寿命を知ろう

買い替えのタイミングを見極めるにはどうしたらよいのか。それは、冷蔵庫の寿命を知る、調子が悪くなってきたかどうかを知ることである程度の予測ができるんです。私は今まで、できるだけ出費は控えたいと無意識のうちに、見ないふり気づかないふりをしていたから、うまくいかなかったんですね。

 

冷蔵庫の寿命はだいたい10年前後です。そういえばその頃から冷蔵庫に変化が出てきていたかも、と今さらながら思います。買ってから10年近くなったら、冷蔵庫の人気の機種や機能を調べたり価格を調べるなど情報を集めて「買い時に買う」のが、賢い買い方なんですね。

 

調子が悪くなってきたサインとはどんなものがあるでしょうか。

冷蔵庫が古くなると、冷えにくくなってきたり、水が外に漏れだしたり、冷蔵庫の音が止むことなく鳴り続けたりといったことがあります。

 

数年前の夏、うちで8年くらい使った冷蔵庫が突然壊れたのですが、そのきっかけは、冷蔵庫掃除でした。いつもは電気入れっぱなしで掃除するのですが、その日に限ってちゃんとしようと電源を切って始めたんです。

 

掃除が終わって達成感にひたっていた私でしたが、いざ電源を入れたら全然冷えず、冷凍食品が溶けていく事態になりました。「なんで」を連発する私は、家族に「珍しくちゃんとしようとするからだ」とツッコまれてしまいました。

 

なぜ突然冷えなくなってしまったのか原因はわかりませんが、冷蔵庫の寿命だったかもしれません。掃除によって、常温になってしまった庫内を冷やす力が残っていなかったのかもしれないと、溶けた冷凍食品を見ながら思いました。

 

まとめ

冷蔵庫をお得に買い替えることは、そんなに難しいことではなかったですね。寿命を知ってお得な時期をねらうだけで、満足な買い物ができるんですね。

冷蔵庫の買い替えるにあたってお得な時期は、新商品が発売されるまえの

  • 9月ごろの型落ち品をねらう
  • ボーナスの時期
  • 決算月のセールで買う

でしたね。壊れるのを待っていると、お得に買うことは難しくなります。

 

そのためには、冷蔵庫の寿命や調子の良しあしを見きわめることですね。10年近く使っている冷蔵庫は、そろそろ買い替えのタイミングが近づいています。ネットやチラシなどで、情報を集めてお得に買いましょう。

 

私も今度こそは憧れの機種がお得に買えるように、冷蔵庫のご機嫌を伺いながらいろいろな情報を集めて、理想の冷蔵庫とキッチンを今から妄想しています(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました